車のエンジンオイルの交換は必ず必要な作業になります。排気量や性能などの状態によって異なりますが3000キロから5000キロの間に交換をするのが原則となっています。またオイルを交換した場合、その時点からオイルの酸化が始まりますので、走行距離を乗らなかったとしても、時期がたてば交換する必要があります。オイルを交換せずに持っていると、エンジントラブルが発生する可能性が高まります。エンジントラブルが発生してしまうと故障してしまった際の費用的負担分が多くなってしまいますので、定期的にオイルを交換し、トラブルが発生しないようにする必要があります。オイルの交換は自動車部品店で交換できますが、それほど難しくありませんのでご自身でオイルの交換を行うことも可能です。古いオイルの処理ですが、専用のオイルを吸収するパックが売っていますのでそれを利用すると燃えるごみにそのまま出すことができ大変便利です。ご自身でオイル交換をするメリットはオイル交換に関する待ち時間がないため、購入さえしてくればいつでもできることです。定期的にオイルを交換しますと、エンジンの中の部品の寿命を延ばしますので、決められた走行距離や時期を超えないように注意しましょう。