タイヤ

| 未分類 |

車を運転するうえで路面と接しているタイヤはとても重要なパーツです。
これは自分でも点検をする必要があります。
ひとつは空気圧です。これは車種ごとに適正な空気圧が定められています。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。適正値であるように確認をします。
高すぎると車が跳ねる感じがして、傷つきやすくなります。
空気圧は徐々に低下していきますのでそのままにしておくと今度は低すぎるようになります。そうなると摩擦抵抗が増えて燃費が悪くなり、たわみなどで安定性がなくなり運転しにくい状態になります。
ガソリンスタンドなどで定期的に適正かチェックします。
また走行距離や走り方によって摩耗してきますので、溝の減り具合をチェックします。
その方法はスリップサインというもので、溝がどれだけ減っているか確認ができる箇所があります。
溝が減ってしまうとブレーキ時にロックしやすくなってしまい、雨天の時は水をうまく吐き出すことができなくなり滑ってしまいます。
このようなことにならないようにスリップサインで溝の減り具合を確認します。
また山道などをよく走る車は両端だけがよく減る肩べりといったことにもなります。
こまめに点検を行い、ローテーションを行うか交換するなどします。